たかのこどもクリニック
たかのこどもクリニックHOME

垂水区学が丘|小児科・アレルギー科 たかのこどもクリニック|お問合せ・Q&A

お問合せ・Q&A
お問合せ・Q&A

お問合せ・Q&A

お子さまの病気のことで悩んでいて、どうすればよいのか?どこに相談すればよいのか?などお問合せフォームよりメールで受け付けております。お困りの親御さんの少しでもお力になれればと思います。

小児科でのよくあるご質問や、ご質問いただいたことをQ&Aで掲載しております。お役立てください。

お問合せフォーム

※下記項目は全て必須です。 ご記入の上、送信ください。

【重要】メールを送信の際は、必ず当院のドメイン takano-kids.jp を受信できる設定にしてください。
takano-kids.jp のドメインを受信できる設定になっていないとお応えのメールがお送りできません
お応えのメールは、PCからのメール送信となります。

■記載されている方のお名前
■連絡先 E-mailアドレス
■連絡先 E-mailアドレス(再確認用)

■お子さまの年齢

■お子さまの性別 男の子 女の子
■お問合せ内容
  

Q&A

Q.01夜間・休日にお子さんの病気やけがで困ったときは?
子ども医療電話相談に電話しましょう。
夜間や休日に受診すべきか迷う時もご相談ください。

電話番号は♯8000 (兵庫県が設置する子ども医療電話相談窓口です)

相談時間:平日・土曜日:18時~翌朝8時

日曜祝日及び年末年始:8時~翌朝8時

看護師さんが相談に応じてくれます。

Q.02夜間・休日に受診すべき時はどこへ行ったらいいですか?

●神戸こども初期急病センター ホームページ >>>

 夜間、休日365日の初期診療

【駐車場あり】

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目4番1号

・受診時間、アクセスなどのお問合せ 078-891-3999

・看護師さんによる電話相談 078-891-3499

●神戸市医師会西部休日急病診療 ホームページ >>>

 休日のみ

【駐車場あり】

〒651-2103 神戸市西区学園西町4丁目2番地

電話:078-795-4915

Q.03熱が出たら、いつ受診するのがいいですか?

いつ受診するかで一番大切なのは、お子さんの様子と月齢です。

 

3か月までのお子さんが38.5度以上の熱が出たら、周りが暑くないか(親御さんが暑いと感じるのでいいです)、赤ちゃんをくるみすぎていないかをみましょう。そうでなくて、赤ちゃんに38.5度以上の発熱があるなら、受診しましょう。

4か月以上のお子さんが発熱した時には、お子さんの様子をみてください。

 

顔色が悪い(青白い、土色)、ぐったりしているなら、夜間・休日の受診を考えましょう。けいれんを起こした時は救急車を呼んでください。

そうでないときは、翌日の受診を考えてください。

翌日も受診するかは、お子さんが、ご飯を食べられて(母乳・ミルクが飲めて)、遊ぶことができて、夜もひどくしんどそうでなく眠れるときは、しっかり水分をとって、2-3日様子見てもいいです。

【38.5度以上の発熱の時いつ受診するか】

すぐ受診

★ 3か月以下のお子さん

★ 顔色が悪い、ぐったり

★ けいれんを起こした(救急車を呼ぶ)

翌日受診

★ ご飯をいつもの半分も食べない

(母乳・ミルクの飲みが少ない)

★ 楽しそうに遊ばない

★ 夜もしんどそうで眠られない(咳がひどくて眠られない場合も)

★ 発熱が3日以上続く

 

Q.04熱が出たとき、おうちでは何を注意したらいいですか?

1.お子さんの様子を観察してください。

お子さんの元気ぐあいをみてください。熱のないときの元気を“5”としたら、今の元気はいくつでしょうか?“1”から“5”の5段階でお子さんなりに評価してみましょう。

“3”以下の時は受診されたらどうでしょうか。

 

元気評価

2.お子さんを一人にはしないようにしましょう。

6歳までのお子さんは発熱時にけいれんを起こすこともあります。

目の届くところ、物音の聞こえるところに誰かがいてあげてください。

 

3.お子さんの外出は避けましょう。

外出で疲れて治す力を落とさないようにしましょう。

 

4.水分を取りましょう。

Q.05を見てください。

 

5.食べられそうなら消化のよいものをあげましょう。

おじやとか煮込んだうどんとかはどうでしょう。

Q.05病気の時はどんな水分をとったらいいですか?どれくらいとったらいいですか?

発熱があると、食欲も落ち、不感蒸泄(体の表面から逃げていく水)も多くて、脱水になりやすいです。こまめに水分をとりましょう。

水分は水、塩分、糖分が入ったものがいいです。

 

例えば、経口補水液OS1®とか、なければアクエリアス®やポカリスエット®でもいいです(うすめなくていいです)。または、お味噌汁、うどんのお汁やスープで塩気と水分をとって、リンゴジュースで糖分と水分をとってもいいです。

お子さんのお好みのものをお子さんが欲しがらなくても、こまめにすすめてみましょう。

 

ご飯が食べられないなら、体重10㎏のお子さんで500mlのペットボトルで1日2本分くらいの水分が目安です。

特に胃腸炎で吐くときは、吐いて2-3時間したら、ペットボトルキャップ1杯(8ml)から、5-10分ごとにこまめに水分をあげましょう。

飲んでも吐かないなら、徐々にあげる量を増やしましょう。

食品の水分量の目安

Q.06けいれんを起こしたときはどうしたらいいですか?

あわてますが、あわてず、お子さんを楽な姿勢で横向きに寝かせるか、横抱きにしましょう。

嘔吐することもあるので、吐いたものをのどに詰めないように、顔は横に向けましょう。息がしやすいように顎を上げる(気道確保)ようにしましょう。

 

救急車を呼んでください。119番です。

 

救急隊が到着するまで、お子さんのそばを離れないでください。余力があるなら携帯ビデオをとっていただくと、あとで診療の参考になります。

〇発熱しているときのけいれんは、熱性けいれんのことが多いですが、脳炎・脳症、髄膜炎などのこともまれにあります。

 

〇発熱のないときのけいれんは、てんかんや他のいろいろな原因が考えられます。

Q.07咳がひどいとき、長引いているときはどうしたらいいですか?

咳がひどいとき、長引くときは原因があります。

 

多いのは

1.風邪を繰り返し引いて咳が長引いている、

2.咳のひどい感染症(マイコプラズマ、百日咳など)にかかっている、

3.気管支喘息を起こしている、

4.副鼻腔炎でのどに鼻汁が流れる、などが考えられます。

受診して、原因に応じた処置や処方を受けましょう。

【夜間・休日に咳がひどいとき】

 

以下の時は夜間・休日診療所を受診しましょう

★ 肩で息をする

★ 赤ちゃんなら息をするたびに首をふる

★ 横になって眠れない

★ しゃべられない、続けて泣けない

★ 水分がとれない、母乳・ミルクが飲めない

PAGETOP