たかのこどもクリニック
たかのこどもクリニックHOME

垂水区学が丘|小児科・アレルギー科 たかのこどもクリニック|アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎が
こどもでも多くなっています。

小学生の15~20%、中学生の20~30%にアレルギー性鼻炎があると言われています。

ALLERGIES

アレルギー性鼻炎の原因

スギ花粉によるもの(スギ花粉症、季節性アレルギー性鼻炎)とダニや家のホコリによるもの(通年性アレルギー性鼻炎)が多いです。

アレルギー性鼻炎の症状が
おこっているときの治療

1.マスクなどでアレルギーの原因となるものを避けましょう。

2.抗アレルギー薬(なるべく眠気の少ないものにしましょう)の内服。

3.ステロイド点鼻薬(2歳以上)で症状を抑えます。

アレルギー性鼻炎の症状を
おこしにくくするための

治療

1.抗アレルギー薬の内服

2.舌下免疫療法

がありますが、スギ花粉症、ダニによるアレルギー性鼻炎のお子さん(5歳以上)には舌下免疫療法が有効です。

舌下免疫療法

5歳以上のお子さんができます。根気強く続けていくことが大切です。

毎日、1錠のアレルギーの素(アレルゲン)が入った、すぐに解ける錠剤を舌の下に入れて、1分間じっとします。

そのあと5分間は飲んだり食べたりできません。

 

スギアレルゲンのはいった錠剤(シダキュア®)とダニアレルゲンの入った錠剤(ミティキュア®)があります。

 

3年間毎日行わないといけないので、本人さんも親御さんも根気強く続けていかなければなりません。

1~3か月すると少しいいかなという感じが出てきて、1年くらい頑張って続けると効果があると実感される方が多いです。

口の中がかゆくなるなどの副作用がはじめのうちはありますが、治療1か月くらいでほとんどの方でなくなります。

大きな副作用もほとんどありません。

この治療は資格のある医師により行われます。

当クリニックでも行っています。

アレルギー性鼻炎でしんどい思いをされているお子さんにはおすすめします。お話を聞きたい方は相談にいらしてください。舌下免疫療法

PAGETOP